妻の浮気@離婚ナビ<妻と浮気相手に確実に慰謝料請求する方法>

妻の浮気離婚ナビ

妻の浮気@離婚ナビへようこそ。

 

浮気が原因で離婚をする場合、必ずしも慰謝料請求ができるわけではありません。

 

そこで当サイトでは、浮気した妻に確実に慰謝料を請求するために、
事前に知っておきたいことについて解説していきます。

 

慰謝料の定義とは?

 

そもそも、慰謝料の定義とは何なのでしょうか。
離婚の場合においては、民法で離婚の原因と作ったことに対する損害賠償という位置づけとなっています。

 

浮気や不倫が離婚の原因となり精神的な苦痛を受けた、あるいは受けるであろうということに対して、
実質的損害すなわち慰謝料を支払うということになっているのです。

 

実際に、慰謝料を請求する際に必要となるものですが、法律で特に決められているわけではありません。
ですから極端な話となりますが、口頭で請求する方法もありますし、内容証明で請求することもできるのです。

 

最終的に慰謝料の支払いに応じなかった場合は、裁判で決着をつけることになります。
その際に重要となってくるのが、不倫や浮気の証拠となるのです。

 

妻が本当に浮気などしているのだろうかと確証が持てない場合もあるでしょう。
そのような場合には、妻の浮気を調査し、証拠を集める方法を知りたいですよね。

 

下記というサイトには「妻の言動、行動から浮気を見破るチェックリスト」というのがあります。ぜひ試してみて下さい。
もし、思い当たる点があるのでしたら、これから紹介する慰謝料請求方法を参考にしてみて下さい。

 

参考サイト:
妻の浮気を調査し、証拠を集める方法

 

妻の浮気診断をするなら、こちらがおすすめ:
妻の言動、行動から浮気を見破るチェックリスト

 

妻の浮気相手に慰謝料請求するには…

妻の浮気相手に慰謝料を請求するためには、どうしたら良いのでしょうか?
いくつかの方法について解説していくことにします。

 

まずは話し合い

まず一番最初の段階は、話し合いをすることです。
浮気相手が分かっていないとできないことですが、特に書類などを用意しなくても
口頭で慰謝料を請求することができます。

 

応じてもらえるかどうかはケースバイケースとなりますが、
この時点で応じてもらえるのであれば、示談書を用意して署名捺印をして終了です。

 

内容証明を送って請求

イメージ

話し合いに応じてもらうことができなかったり、話し合いが難航した場合は
内容証明を送って請求するという方法があります。

 

書面の形式などは特に決まってはいませんが、
弁護士や司法書士に依頼した方が確実でしょう。

 

万が一相手が受け取り拒否をした場合でも、拒否をしたという事実が残るため
その時点で到達したという扱いになり、裁判で判断材料の1つとされます。
ようするに、内容を不倫相手が読んだかどうかは関係がないといっても過言ではないでしょう。
内容証明の封書が、相手の手元まで到達したかどうかが重要なのです。

 

簡易裁判所で争う

この時点でも慰謝料の請求が難航した場合は、簡易裁判所で争うことになります。
ここで必要となるのが、浮気をしている証拠です。

 

裁判で有効な証拠となるのは、肉体関係があったと確認できるものとなりますので、
ラブホテルに出入りしている写真や映像が一番有力な証拠となります。

 

証拠が必要となったからといって、この時点から集めようと思っても
相手が警戒していしまうため集めることができません。
ですから、慰謝料を請求しようと決めた時点で証拠は集めておくべきでしょう。

 

家庭裁判所で争う

ちなみに簡易裁判所でも解決しないのであれば、最終的には家庭裁判所で争うことになります。
すぐに判決がでるわけではありませんので、この時点でかなり精神的にも肉体的にも
ストレスがかかる状況となるでしょう。

 

弁護士費用もかかりますので、確実に浮気していることが分かる証拠がない限りは
ここまで話を進めることはおすすめしません。

 

裁判で重要となる不倫や浮気の証拠

裁判で認められる証拠は、不貞関係の継続性が認められるものということになるのですが、
ようするに複数回に亘って、夫や妻以外の人と肉体関係を持ってきた事実があるのかどうかと
いうことになってきます。

 

つまり、誰が見ても何度も肉体関係を持ったと断言できるような、決定的な証拠が必要となるわけです。
なかでも写真や映像は証拠として認められ、結果的に慰謝料の支払いが認められています。

 

メールや着信履歴に関しては、必ずしも浮気や不倫と断言できないことがあるため、
慰謝料の請求が認められないことが多々あります。

 

証拠集めはプロにお任せを

裁判のためには、決定的な証拠を用意しなければならないわけですが、
自力で証拠を揃えることは至難の業だといえるでしょう。

 

特に不倫の場合は、決定的な証拠を掴むまでに尾行しなければなりませんので、
早い段階で相手に気づかれてしまうことが多いのです。

 

だからこそ、プロの探偵に依頼して証拠を掴んでもらうことが重要となってくるといえるでしょう。

 

もしも関係を修復することを考えているのならば、探偵を使って証拠を集める必要はありません。
しかし、慰謝料を請求して最終的に離婚することを考えているのであれば、証拠集めはプロに任せるべきでしょう。

 

最後に…

 

ここまで慰謝料請求に関してお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか。

 

当サイトでは、これからも妻の浮気から離婚する場合の慰謝料請求について役立つ情報を掲載していきます。
ぜひメニューからチェックしてみて下さい。

 

 

更新履歴